プロローグ はじめに

プロローグ はじめに

皆さん初めまして。代表の嶋田浩己です。

さっそくですが質問です。「中小企業の99.9%は○○で決まる」の○○の中の言葉は何でしょうか?

う~ん難しいですね~。当たったら僕の熱い抱擁がもらえます(笑)まあ別に分からなくても問題なし僕も学生時代に聞かれてもまず分からなかったでしょうから。

答えを言うと「中小企業の99.9%は社長で決まる!」ですね。

これはよく前職時代の社長が言われていた事でその当時は「ふ~んそんなものなのかな~」と思っていたけど自分が社長になった今あれは本当だったな~としみじみ感じている今日この頃です。

つまり会社というのは良くも悪くも社長の力量や考え方によって大きく成長もするしあるいは倒産という憂き目にもあうこともあるという事。

だって会社の方向性や戦略を考える事が社長の重要な仕事ですからね。

また、言い方をかえると、「その会社の考え方=社長の考え方」なので、その社長がどのような人間で、どのような事を考え、どのような事を目指しているかを知らずに、その企業に就職するということは非常にリスキーだとも思います。会社と言っても人間の集まりであり相性というか合う合わないっていうのが誰しもあるので合わない会社で働くと悲惨だよ~って事。

ということでこのコラムの狙いはざっくりとでもシマダがどんな会社か?そしてワタクシ嶋田浩己という人間がどのような人間でどんな事を考えているかということを分かってもらったらいいんじゃないかな~と思って書いてます。

だって価値観の合わない人間の元で働くということはしんどくてまたお互いにとって不幸な事ですからね~。

それでは約十篇のコラムですがぜひ最後までお付き合いください。

嶋田コラムのはじまりはじまり~