シマダの仕事

街づくりを通じて、この街に生きる人の生活を、彩る。

私たちはただの土木建築会社ではありません。
「街づくりの総合企業」を目指し 様々な事業展開を進めています。
建物をつくることでこの街の骨格をつくり 建物の中に入るサービスをつくることで
この街に生きる人の生活を彩る。
地元山口に豊かな環境と生活を提案するための 4+2の事業をご紹介します。

土木事業

CIVIL ENGINEERING

トンネルダム土地の造成など山口の街の屋台骨を支える工事を行っています。
工程表や予算を組み材料を選定発注する。
現場では工事がスムーズに進むようにテキパキと指示を出していきます。

img_doboku01

パークロード。「日本の道百選」に選ばれました。

img_doboku02

維新百年記念公園

img_doboku03

ゼロからカタチにしていく地図に残るしごと。

この仕事の魅力はなんといっても
自分の携わった仕事がカタチとなって残ること。
プライベートで建物の前を通りかかったときは
ものすごくテンションが上がります。
また過去に工事を手伝ってもらった職人さんと
別の工事で一緒になることもあるのですが
「あの現場は大変だったねえ」なんてつい思い出話に花が咲きます。
一緒にひとつの現場を乗り越えた業者さんは苦楽を共にした仲間。
私には大切な仲間がこの街にはたくさんいるんですよ。

土木部 施工管理 重冨加奈 平成7年入社

建築事業

CIVIL ENGINEERING

一般建築事業

アパートビルマンションをはじめ店舗やクリニック介護施設学校など様々な施設を幅広く施工します。
設計担当が図面を描き現場監督が施工管理を担当。職人さんたちと綿密に打ち合わせを重ねながら工事を進めていきます。
職人さんはそのほとんどが年上の方ばかり。明確に指示を出すのはもちろんのこと
気持ち良く働いてもらうためのコミュニケーションも大切です。

img_kentiku01

白石中学校増築工事

img_kentiku02

職人さんに気持ち良く作業してもらう
工夫も大切です。

img_kentiku03

黄金町アパート瑠璃道門様新築工事

営業はひとりひとり仕事が違います
私は主に役所工事に書類をもって行ったり
入札にお金をもって行ったりだとか
そういう仕事をしています。
大切な契約なので書類の郵送は基本的にNGなんです。
入札も同じで直接持っていきます。
数億円単位の仕事がその場で決まったりもします。
現場とはまた違う視点から
建物がカタチになっていくのを見れるのが良いですね。
建物はずーっとそこにあるものなので
通りがかった時にはついついテンションが上がります。

営業部 大木篤史 平成18年入社

住宅工事

住宅部ではデザイン性と自然素材を売りにした木造鉄骨RCの新築住宅およびリフォーム工事を行います。
お客様が思い描く理想の家そして理想のライフスタイルを丁寧にヒアリングし
その期待を超える家づくりをつねにめざしています。

img_kentiku01

白石中学校増築工事

img_kentiku02

職人さんに気持ち良く作業してもらう
工夫も大切です。

img_kentiku03

黄金町アパート瑠璃道門様新築工事

私は図面を描く仕事をしています。
平面の設計図だけではなく
パースという立体的に設計できるソフトを導入し
できるだけお客様がイメージ
しやすくなるように工夫を重ねています。
やっぱり自分の描いた図面がカタチになった姿を見るのは
たまらなく嬉しい。
休みの日にこっそり見に行ったりするんですよ。

建築部 設計 山根奈緒 平成25年入社

自分が担当したことで予想より早く完成したり
多くの利益を生み出すことができたときは
「よっしゃ!」と思います。
そして何より嬉しいのはお客様が喜ぶ顔を最初に
そして間近に見られること。
お客様は図面を見ただけではなかなか完成をイメージできません。
少しずつカタチになっていく姿をご覧になったときの笑顔や
完成した建物を見て感動するお客様の表情を見ると
私たちも毎回感動してしまいます。

建築部 施工管理 田邉孝治 平成11年入社

生コン製造・販売事業

Ready-Mixed CONCRETE

自社所有のプラントにて生コンクリートを製造。山口市においてその供給の一翼を担っています。
コンクリートは実はとても品質管理が重要な材料。きちんと管理がなされていないコンクリートは
建物のひびや破損の原因となってしまう。シマダの品質管理担当は工場の製造現場に目を光らせいます。
直接建設現場まで出向いてその場で品質チェックをすることもしばしばです。

img_namakon01

製造過程や品質をモニターでチェックします。

img_namakon02

生コンクリートの年間生産量およそ7万トン。

img_namakon03

市内で15%のシェアをもっています。

仕事のスケールの大きさはやりがいにつながっています。
街の道路やトンネル大きなビルなど
街中の様々な場所に自分の作ったコンクリートが使われている。
自分が関わった建物の近くを通りがかったときはつい
コンクリート壁面の仕上がりをチェックしてしまいます。
ひびがまったくなかったり仕上がりがとても綺麗だったりすると
大きな達成感を感じますね。

生コン部 品質管理 末岡和也 平成19年入社

コンクリート二次製品製造・販売事業

CONCRETE SECONDARY PRODUCT MANUFACTURING

コンクリート二次製品とは道路の側溝やその蓋擁壁ブロック等の製品で
普段意識することは少ないですが街のインフラを支えているコンクリート製品を製造・販売しています。
お取引先となるのは多くが民間の土木事業者。
公共事業を落札した企業に対して現場ごとに最適な商品を提案し受注につなげていきます。

img_nijiseihin01

品質確保のために精度が要求されます。

img_nijiseihin02

製造している製品は年間およそ1万8000トン。

img_nijiseihin03

自社で所有している製造工場。

シマダのコンクリート二次製品は自社の生工場で製造されている。
つまり製品ができるまでに本当にいろんな部署の方が汗を流してくれているんです。
そんな製品が売れたときはみんなの汗が報われたと感じてとても嬉しくなりますね。
営業はシマダの顔です。
「藤本さんに頼んでよかった!」
「他の会社には無理言えないけど藤本さんならなんとかしてくれる。
おかげで納期に間に合った。本当に助かった!」。
そんな心の底からの「ありがとう」をいただける。
人とのつながりもどんどん増えていく。この仕事のやりがいならいくらでも語れます。
学生さんにもぜひ直接お伝えしたいですね。

コンクリート製品部 営業 藤本敦志 平成7年入社

製品の品質管理をおこなっています。
鉄筋などの材料の検査から生コンの圧縮強度試験製品のサイズ管理。
コンクリートといっても精度が要求される仕事なんです。
製品の品質に問題がある場合は原因を追求しそれを解決します。

この部署には年が近い仲間が多いので相談もしやすく
毎日楽しくやってます。
生コン事業とも距離が近いので忙しい時はお互い助け合う。
これはシマダならではですね。

コンクリート製品部 品質管理 永田敦士 平成9年入社

新卒採用/中途採用

NEW GRADUATE/CAREER